PICK UP!

  • 矢川駅9分
  • 53,800万円
  • 構造:RC造
  • 築年:平成7年8月築
利回り 6.1%

大井町駅周辺の不動産投資市況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大井町駅はJR京浜東北線、東急大井町線、りんかい線(TWR)の3線が利用できる利便性の高い駅です。
大井町駅というと、ひと昔前までは駅周辺にレトロな雰囲気の飲食街が広がる「庶民的な街」というイメージが強かったようですが、近年の再開発により大型商業施設や都市インフラが整備され、近代的な街並みに生まれ変わっています。
またりんかい線の開通に伴いJR埼京線・川越線との相互直通運転が開始されるなど、交通の利便性が大きく向上しています。さらに、2020年東京オリンピックの際には東京臨海副都心地区周辺に競技場が建設される予定で、りんかい線はオリンピックの重要なアクセス鉄道になることが見込まれています。
旅客数の増大により、大井町駅周辺の不動産投資市況は今後さらに活性化するでしょう。

大井町駅の交通アクセスについて

%e5%a4%a7%e4%ba%95%e7%94%bapixta_21983095_s

京浜東北線は蒲田・横浜・大船方面及び東京・上野・大宮方面といった首都圏主要地域を結ぶ利便性の高い路線です。また京浜東北線は大井町駅のひとつ北隣の品川駅から田端駅までJR山手線の半周近くを並走しており、山手線への乗り換えもスムーズでしょう。


東急大井町線は大井町駅を起点に人気の高い住宅街・自由が丘駅や二子玉川駅などを経由して溝の口駅までを結ぶ路線で、放射状に伸びる東急各線との乗換駅が充実していることから、都心西部~郊外、横浜方面へのアクセスに優れています。


りんかい線はJR埼京線・川越線と相互直通運転を開始していることから、恵比寿・渋谷・新宿・池袋といった都心西側の主要ターミナル駅に乗り換えなしで移動できます。


オリンピックに向け広域鉄道網の要となる可能性



上記のように3線が利用できる大井町駅は都心、そして首都圏一円の主要地域へのアクセスの良さが大きな魅力のひとつとなっています。ただし、国交省の交通政策審議会は2016年1月の「東京圏における今後の都市鉄道のあり方に関する小委員会」でりんかい線と京葉線の直通運転を検討していることもわかっており、これが実現すると大井町駅は広域鉄道網の要としての役割が期待できます。


りんかい線と京葉線の線路は新木場駅(りんかい線の現在の終点)ですでに接続されており、直通運転開始のための物理的な障害は多くはないといえそうです。千葉県の森田健作知事も直通運転の実現に前向きな姿勢を示しています。また、後述する羽田空港アクセス線の利便性を向上させるという意味でも、直通運転には大きなメリットがあります。東京オリンピックの開催に向け、りんかい線・京葉線の直通運転が実現する可能性は大きいでしょう。


羽田空港アクセス線の事業計画とは、羽田空港第1・第2ビル付近に新駅を設け、既存貨物駅の「東京貨物ターミナル」まで約6キロの線路を設けるというものです。この線路は既存の貨物船やりんかい線の線路と接続され、これによって羽田空港と首都圏各エリアを結ぶ複数のルートが誕生します。


このうち「西山手ルート」では羽田空港と大崎駅が結ばれますが、羽田空港アクセス線を走る電車は品川シーサイド~大井町間でりんかい線と合流する予定ですから、大井町駅から羽田空港への移動がスムーズになり、また、羽田空港から大井町方面に流れる旅客の増加も期待できます。これにより、小売店・飲食店・宿泊施設の需要増など、商業全般の活性化が見込まれます。

大井町駅周辺の不動産開発計画

大井町駅周辺は近年多くの再開発が行われてきました。
2010年に劇団四季[夏]がオープンすると、その後もブリリア大井町ラヴィアンタワー、阪急大井町ガーデンなどが登場し、数年で公共機関・文化施設・商業施設・宿泊施設・住宅といった都市機能が向上。大井町駅周辺のエリアブランドを大きく高めました。


これから本格化する大規模な再開発計画としては、「大井一丁目南第1地区第一種市街地再開発事業」が挙げられます。これはJR東日本広町社宅の跡地を利用するもので、延べ面積約60,900平方メートル、地上29階建て・約104メートルのタワーマンションが建築される予定となっています。
着工は平成28年7月、竣工は平成31年2月の見込みです。


大井町駅周辺の賃料相場と不動産投資の指標

大井町駅周辺の賃料相場は下記のようになっています。


ワンルーム 1DK 2DK 3DK
7.90 9.69 12.23 17.35
(単位は万円・HOME’S調べ)


近年の大規模再開発によってブランド力を大きく高めた大井町駅周辺。今後、東京オリンピックに向けて羽田空港アクセス線開通などのインシデントがあれば地価は飛躍的に上昇する可能性が考えられます。


また、2020年の東京オリンピックでは、大井町~新木場間のりんかい線沿線に競技場や選手村などが数多く建設される予定で、このエリアを訪問・滞在する国内外の旅客は膨大な数にのぼるものと思われます。これによって大井町駅周辺ではさらなる土地高度利用へ拍車がかかり、不動産資産価値の大幅な上昇が期待できるでしょう。



【関連記事】
不動産経営代行
/management/
オーナー様の不動産の最大キャッシュフローを維持し、不動産価値の最大化を図ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加