PICK UP!

  • 矢川駅9分
  • 52,500万円
  • 構造:RC造
  • 築年:平成7年8月築
利回り 6.3%

田園調布駅周辺の不動産投資市況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

田園調布は田園都市構想のもと計画的に建設された完成度の高い街であり、日本を代表する高級住宅地としてブランドを確立しています。環境・美観・交通アクセスの便といった良好な不動産資産の諸条件を満たすだけでなく、ステイタス・シンボルとしての高い付加価値も資産評価の対象となるでしょう。
名実ともに日本有数の不動産資産となり得る田園調布駅周辺の不動産投資市況について解説します。

田園調布駅の交通アクセス

%e7%94%b0%e5%9c%92%e8%aa%bf%e5%b8%83pixta_15886859_s

田園調布駅は田園調布の中北部に位置する東急東横線・目黒線の駅です。中世ヨーロッパの民家を模した旧駅舎はエリアのランドマーク的存在となっています。

東急東横線は渋谷駅と横浜駅を結ぶ路線で、東京メトロ副都心線、横浜高速鉄道みなとみらい線と相互直行運転を行っており、みなとみらい線元町・中華街から横浜、渋谷を経由して、東京メトロ副都心線、東武東上線、西武有楽町線・池袋線までがひとつの路線として結ばれました。これにより、東急東横線は都心西部から横浜方面、埼玉方面の鉄道ネットワークの大動脈の役割を担います。


東急東横線は元々渋谷と横浜を結ぶ利便性の高い路線で、沿線には田園調布をはじめ代官山、中目黒、自由が丘、武蔵小杉など人気の高い住宅地の駅があります。それに加え、現在は新宿三丁目や池袋といった都心ターミナル駅にも乗り換えなしで移動できるというメリットも享受できます。

また、東急目黒線は目黒駅と日吉駅を結ぶ路線ですが、目黒駅からは東京メトロ南北線・埼玉高速鉄道線、都営地下鉄三田線と相互直通運転をしており、六本木一丁目、溜池山王、日比谷、大手町といった都心のターミナル駅にも乗り換えなしで移動できます。


ステイタス・シンボルとしての田園調布



田園調布は、大正時代に活躍した大実業家・渋沢栄一が中心となり、理想的な住宅地を目標として開発・分譲されました。
いわゆる「高級住宅街」としての田園調布はおもに田園調布駅を起点に西側へ放射状に広がる田園調布3丁目、4丁目、そして世田谷区玉川田園調布方面に広がっています。


これらのエリアは美しく整備された街路と並木に彩られ、近くには武蔵野の自然を色濃く残す清閑な自然公園「宝来公園」などがあります。また街並み自体が洗練され、多くの政治家・財界人・著名人が居住してきたという実績も田園調布のステイタス・シンボルとしてのブランド力を高めています。


ブランド力保持のための努力



田園調布では地域住民が中心となって「田園調布会」という組織をつくり、まちの住環境を守る活動が活発に行われています。
田園調布会は社団法人であり、「田園調布憲章」や「環境保全及び景観維持に係わる規定」などを申し合わせ、行政や東急電鉄などと連携しながら田園調布の住環境や景観を守るためのルールを設けています。例えば、建築物は地上2階建てまで、高さは9メートルまでに規制され、建物の外観もガイドラインに沿ったものであることが求められます。また、ワンルームタイプの集合住宅は不可、土地を分割する際は165平方メートルを下回らないといった制限もあります。


このようなルールは田園調布の優れた住環境やブランド力を保持するために役立っているものと思われますが、同時に思い切った土地活用が難しく不動産投資が行いにくいといった側面も窺えます。

大田区都市計画マスタープランをみると、田園調布四・五丁目地区は土地区画整理事業区域にあたっており、
・生活道路の整備等基盤整備を進め、地区の防災性を高めるとともに、周辺の良好な景観に配慮した低層住宅を主体とする市街地の形成を図る
・環境悪化の防止、住環境の向上をめざし、地区の特性に合わせた整備を図ることにより、住みよいまちづくりを進める
など、再開発というよりは区画整理によって田園調布の住宅地としての価値の維持・向上につとめる方向性が見て取れます。


田園調布駅周辺の賃料相場と不動産投資の指標

田園調布駅周辺の賃料相場は下記のようになっています。
ワンルーム 1DK 2LDK 3LDK
7.23 8.91 19.08 28.18
(単位は万円・HOME’S調べ)


不動産投資に比較的踏み切りやすいのは駅の東側や玉川田園調布といったエリアでしょうが、「田園調布」の真のステイタスを手にしたいのであれば、やはり西側の田園調布3~4丁目を狙いたいところです。
このエリアは中長期的に地価の高騰が期待できる要素は見当たりませんが、不動産価値がさがるリスク要素も特にありません。また、需要が高いことから、いざというときの換金性も高いと考えられます。
リスク分散のため不動産資産を保有したい方や、相続対策として不動産購入をご検討されている方などには最適な投資先ではないでしょうか。


【関連記事】
税務・財務・相続コンサルティング
/consulting/
税務専門家と不動産専門家のチーム制でさまざまな角度からのアドバイスをご提供します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加