PICK UP!

  • 矢川駅9分
  • 52,500万円
  • 構造:RC造
  • 築年:平成7年8月築
利回り 6.3%

首都圏市況レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
城東地区の不動産投資市況

最終更新日:2017年04月21日

城東地区の不動産投資市況

城東エリアは東京東部の台東区、墨田区、荒川区、足立区、葛飾区、江東区、江戸川区から構成されるエリアです。
足立区や葛飾区の北部は埼玉県に接し、葛飾区、江戸川区の東部は千葉県に面しています。また江戸川区、江東区は東京湾に面し、特に江東区の湾岸地域は東京五輪の競技場が数多く設置されることから、交通インフラの整備・タワーマンションの建築ラッシュなど、五輪後の跡地活用計画も含め、不動産投資家の大きな関心を集めています。
このような城東エリアの不動産投資市場の現状について解説します。
…続きを読む

品川駅周辺の不動産投資市況

最終更新日:2017年04月21日

品川駅周辺の不動産投資市況

JR山手線・横須賀線・東海道本線、京浜急行本線とさらに東海道新幹線が乗り入れる都内有数のターミナル駅・品川駅周辺の街が「品川」です。
街の大半は港区の行政区内にあり、住居表示では港区高輪三・四丁目、同港南一~四丁目、品川区北品川一丁目、同東品川一・二丁目の一円が、新駅の登場と東京オリンピックによってめまぐるしく変化しようとしています。東京のマンション経営や不動産投資において、最も注目を集めるエリアのひとつといえる品川駅周辺の不動産市況について解説します。
…続きを読む

神楽坂駅周辺の不動産投資市況

最終更新日:2017年04月21日

神楽坂駅周辺の不動産投資市況

「都心の一等地でありながら江戸時代の下町風情を残している」と言われるのが、東京メトロ東西線・神楽坂駅周辺の街「神楽坂」です。
神楽坂というと、一般にはJR総武・中央線飯田橋駅から大久保通りの神楽坂上交差点までの「神楽坂通り」の狭い地域をイメージしがちです。しかし住宅地としての神楽坂は、地理的にはおおむね東側を外堀通り、北側を目白通り、西側を外苑東通り、南側を防衛省がある市谷本村町に囲まれた地域一帯を指します。神楽坂はまた全域住居表示未実施地域なので、東五軒町、西五軒町、揚場町、袋町、横寺町など伝統的町名が数多く残っている地域としても有名です。
独自の街並みが幅広い層から支持される神楽坂駅周辺の不動産市況について解説します。
…続きを読む

城南地区の不動産投資市況

最終更新日:2017年04月21日

城南地区の不動産投資市況

城南エリアは品川区、大田区、目黒区の3区からなるエリアです。東京都南部に位置し、大田区及び品川区は東京湾に面しています。
しかしその一方、目黒区及び大田区北部には武蔵野台地の東南端にあたる高台があり、東京屈指の高級住宅街として知られる田園調布、久が原、山王、自由が丘、目黒、青葉台、そして品川区の東五反田などが集中しています。
このように多様性に富み、また東京五輪関連の再開発で大きな注目を集めている城南エリアの不動産投資市場について解説します。
…続きを読む

表参道駅周辺の不動産投資市況

最終更新日:2017年04月21日

表参道駅周辺の不動産投資市況

銀座線、半蔵門線、千代田線と東京メトロ3路線が乗り入れている表参道駅周辺の街が「表参道」です。
地理的には西側を明治通り、東側を外苑西通りに挟まれており、行政区では港区と渋谷区に跨っています。住居表示では港区の北青山三丁目と南青山三~五丁目、渋谷区の神宮前三~五丁目の町域一円を指します。一般には「原宿から青山一帯が表参道」と言われています。
都心の高級住宅街として知られており、不動産投資やマンション経営においても非常に有望なエリアである表参道駅周辺の不動産市況について解説します。
…続きを読む

赤坂駅周辺の不動産投資市況

最終更新日:2017年04月21日

赤坂駅周辺の不動産投資市況

25以上の坂があるという街。それが東京メトロ千代田線赤坂駅周辺の街「赤坂」です。
地理的には青山通り、外堀通り、六本木通り、外苑東通りに囲まれた地域で、その東西を赤坂通りが貫いています。住居表示では赤坂二-九丁目、六本木二丁目・四丁目一円を指します。
2000年前後に行われた再開発により接待や社交の場から大きく変貌を遂げた赤坂は、さらに近年ビジネスエグゼクティブから注目を集めています。不動産投資やマンション経営において、よりいっそう今後の動向から目が離せない存在となっている赤坂駅周辺の不動産市況について解説します。
…続きを読む

中野駅周辺の不動産投資市況

最終更新日:2017年04月21日

中野駅周辺の不動産投資市況

JR中央線快速、同中央・総武線、東京メトロ東西線の3路線が乗り入れている中野駅周辺の街が「中野」です。
一般には早稲田通り(北端)と大久保通り(南端)に挟まれ、その真ん中を中野通りが縦貫している地域と言われています。住居表示では中野一丁目から六丁目の町域一円を指します。
ポテンシャルのわりに評価が低いことから、不動産投資やマンション経営においてしばしば「穴場」としても評されることが多い中野駅周辺の不動産市況について解説します。
…続きを読む

東急東横線沿線の不動産投資市況

最終更新日:2017年04月21日

東急東横線沿線の不動産投資市況

渋谷と横浜を繋ぐ東急東横線は、1日平均50万人以上の人が利用する東急電鉄の看板路線です。沿線にはトレンドの発信地から高級住宅地まで個性的な街のラインナップがそろっています。
首都圏の不動産投資、マンション経営において必ず選択肢にあげられる東横線沿線の不動産投資市況とそれぞれの個性あふれる魅力的な街にについて解説します。
…続きを読む

JR山手線沿線の不動産投資市況

最終更新日:2017年04月21日

JR山手線沿線の不動産投資市況

東京都の中心部を円形に繋ぎ、1日の乗降数650万を数えるJR山手線は、東京交通の大動脈といえます。ターミナル駅から住宅地まで個性的な29の駅が並ぶ、大都市・東京を代表する路線の1つです。
新駅の開発計画発表に2020年東京オリンピックと話題も豊富なJR山手線沿線。不動産投資やマンション経営において最注目を集める沿線の市況と動向について解説します。
…続きを読む

JR中央線沿線の不動産投資概況

最終更新日:2017年04月21日

JR中央線沿線の不動産投資概況

東京から長野県松本までを繋ぐJR中央線。東京都内には東京~高尾まで32の駅があり、JR発表によると区間の平均通過人員66万を数えるうえに多くのベッドタウンを抱える路線です。 郊外に位置しながら都心へのアクセスの良さと、近年は新たな再開発で注目を集めているJR中央線沿線は、マンション経営や不動産投資市況において重要な選択肢のひとつといえるでしょう。沿線の自然豊かな街の紹介とあわせて解説します。
…続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加