PICK UP!

  • 矢川駅9分
  • 52,500万円
  • 構造:RC造
  • 築年:平成7年8月築
利回り 6.3%

首都圏市況レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日吉駅・菊名駅周辺の不動産投資市況

最終更新日:2017年04月21日

日吉駅・菊名駅周辺の不動産投資市況

日吉駅と菊名駅はともに東京急行電鉄の駅で、日吉駅は東急東横線・目黒線、横浜市営地下鉄グリーンラインが利用できます。また菊名駅は東急東横線のほかJR横浜線が利用でき、東急東横線と横浜線との主要な乗換駅となっています。
両駅ともに東京都心と横浜市中心部との中間点にあり、ターミナル駅として、また東京都心・横浜市中心部へ向かう通勤者のベッドタウンとして栄えているエリアですが、近年、「神奈川東部方面線(相鉄・JR直通線及び相鉄・東急直通線の総称)」の開発が進んでいることにより、このエリアの不動産投資市況にも影響が生じています。
…続きを読む

大井町駅周辺の不動産投資市況

最終更新日:2017年09月29日

大井町駅周辺の不動産投資市況

大井町駅はJR京浜東北線、東急大井町線、りんかい線(TWR)の3線が利用できる利便性の高い駅です。
大井町駅というと、ひと昔前までは駅周辺にレトロな雰囲気の飲食街が広がる「庶民的な街」というイメージが強かったようですが、近年の再開発により大型商業施設や都市インフラが整備され、近代的な街並みに生まれ変わっています。
またりんかい線の開通に伴いJR埼京線・川越線との相互直通運転が開始されるなど、交通の利便性が大きく向上しています。さらに、2020年東京オリンピックの際には東京臨海副都心地区周辺に競技場が建設される予定で、りんかい線はオリンピックの重要なアクセス鉄道になることが見込まれています。
旅客数の増大により、大井町駅周辺の不動産投資市況は今後さらに活性化するでしょう。
…続きを読む

浜松町・大門駅周辺の不動産投資市況

最終更新日:2017年04月21日

浜松町・大門駅周辺の不動産投資市況

JR山手線・京浜東北線が利用できる浜松町駅と、都営地下鉄浅草線・大江戸線が利用できる大門駅。両駅は地下道で結ばれ、実質的にひとつの駅として機能しています。また浜松町駅では、東京モノレール羽田空港線モノレール浜松町駅への乗り換えもスムーズにできます。
浜松町・大門エリアは、都心の空の窓口である羽田空港と山手線及び都営地下鉄とを結ぶ主要なターミナルとして、高度成長期以降飛躍的な発展を遂げてきました。

そして近年、浜松町・大門エリアでは臨海副都心開発の中核地域として、都市再生特別地区(浜松町二丁目4地区)を筆頭に、さらなる再開発の計画が進行しています。 東京都心のマンション経営や不動産投資で最も熱い注目を集めている、浜松町・大門駅周辺の不動産市況について解説します。
…続きを読む

武蔵小杉駅周辺の不動産投資市況

最終更新日:2017年04月21日

武蔵小杉駅周辺の不動産投資市況

JR3路線(南武線、横須賀線、湘南ライン)と東急2路線(東横線、目黒線)が乗り入れる武蔵小杉駅周辺の街が、地域住民から「ムサコ」の愛称で親しまれている「武蔵小杉」です。
武蔵小杉の行政区は川崎市中原区で、地理的には中原区北東部の地域です。中原区役所の所在地でもあります。マンション開発が急速に進む武蔵小杉駅周辺の不動産市況について解説します。
…続きを読む

川崎駅周辺の不動産投資市況

最終更新日:2017年04月21日

川崎駅周辺の不動産投資市況

東京区部と横浜市北部の間に挟まれ、京浜工業地帯の中心部として、また、両都市のベッドタウンとして発展してきた川崎市。住宅需要も安定して高いため不動産投資市場として魅力の高いエリアです。
また、近年は川崎駅周辺を中心とした再開発や東京五輪や羽田~品川エリアの交通インフラ整備が進められている点も好印象のようです。
では、このようにエリアブランド力を大幅に高める新たな魅力が次々と誕生している、川崎駅周辺の不動産市況について探ってみましょう。
…続きを読む

城北エリアの不動産投資市況

最終更新日:2017年04月21日

城北エリアの不動産投資市況

城北エリアは東京23区の北部に位置する北区と板橋区で構成されるエリアです。
不動産投資の対象としては、東京23区内では比較的地価が安く投資に参入しやすいエリアであること、利回りの良さと不動産価格の安定性からリスクが低いことが魅力となっています。

しかし最近は「住みたい街ランキング」で大きく順位を上げた赤羽やタワーマンション建設ラッシュに沸いた王子などの注目エリアも多くなっています。東京のマンション経営や不動産投資においてぜひ検討していただきたい城北エリアの不動産市況について解説しましょう。
…続きを読む

京王線沿線の不動産投資市況

最終更新日:2017年09月29日

京王線沿線の不動産投資市況

京王線は新宿駅から調布駅を経由して京王八王子駅までを結ぶ京王電鉄の路線です。明大前駅で井の頭線と乗り換えができ、京王新線・相模原線・競馬場線・動物園線・高尾線という支線・増設線を有します。
新宿からのアクセスの良さに加え自然環境や住環境のクオリティが高い京王線沿線の不動産は需要が高く、不動産投資の対象としては適しているといえるでしょう。
渋谷から下北沢、吉祥寺を結ぶ井の頭線も人気が高いのですが、ここでは特に京王線本線沿線の不動産投資市況を中心に解説していきます。
…続きを読む

都心エリアの不動産投資市況

最終更新日:2017年04月21日

都心エリアの不動産投資市況

都心エリアは、千代田区、港区、中央区、新宿区、渋谷区、文京区、豊島区といった、おもにJR山手線内の立法・司法・行政の各機関、大企業の本社・本店が多く集まる首都機能の中心部を指します。
各エリア単位で不動産投資市況をレポートすることも可能ですが、ここでは「都心中の都心」という切り口に視点を絞り、投資効率の高い、いわゆる「億ション」や「ヴィンテージ・マンション」などの不動産投資市況に注目してみたいと思います。
…続きを読む

横浜駅・みなとみらい周辺の不動産投資市況

最終更新日:2017年04月21日

横浜駅・みなとみらい周辺の不動産投資市況

横浜市の玄関口であり、JR東日本、東京急行電鉄、横浜市交通局など6社・局11路線が乗り入れている神奈川県最大のターミナル駅・横浜駅周辺の街が「横浜」です。
東京駅や渋谷駅まで乗り換えなしで最短25分の交通至便性が、不動産投資市場としての横浜の魅力と言えます。今後、再開発でさらに魅力が高まると予想される横浜駅周辺の不動産市況について解説します。
…続きを読む

城西エリアの不動産投資市況

最終更新日:2017年04月21日

城西エリアの不動産投資市況

城西エリアは東京23区西部の世田谷区、中野区、杉並区、練馬区の4区で構成されています。都心・副都心へのアクセスが良好でありながら豊かな自然環境に恵まれ、等々力、成城学園、浜田山、永福など都内でも屈指の高級住宅街が点在しており、また、城西エリア全体が東京都有数の住宅街を構成しています。 全体的に地価が安定しており、根強い人気を持つ城西エリアの不動産投資市場について解説します。
…続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加